プロミスで急ぎで借りたい方は、とにかく早くに借りられる方法を知っておきましょう。

無理のないプロミスの返済金額

借り入れ後に行うプロミスの返済は、借り入れ残高に応じた金額を約定返済日までに入金を行います。借り入れ残高が大きくなると返済の金額も大きくなりますが、限度額を問わずに借りる金額を少額に抑えておくのであれば、プロミスの毎月の返済金額はそこまで大きくはなりません。

少しずつの返済で借りたいといった方もプロミスなら希望通りに借りられる可能性があり、月々に数千円ずつの返済しかできないといった場合であっても、借りる金額を調整すれば無理のない範囲の返済でプロミスの利用ができます。

毎月の返済金額を知っておけばプロミスも安心して利用ができるようになるので、プロミスの返済金額、返済日、返済の方法は借りる前にしっかりと見ておきましょう。

借り入れ残高ごとの返済金額

プロミスの毎月の返済は、借り入れ残高に応じた以下の金額となります。借りる金額を少なくすれば数千円での返済で利用ができるので、いくら借りればいくらずつの返済になるのかはよく確認してください。

借り入れ残高 約定返済金額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円
40万円 15,000円
50万円 19,000円

毎月の返済が4,000円や5,000円ずつしか余裕を持って行えないといった方でも、プロミスなら借り入れを5万円や10万円に抑えることで無理なく利用ができます。毎月に2,000円や4,000円の返済なら余裕が持てるため、無理のない範囲で借りられるのです。

金利だけで見ると決して低くはないのがプロミスですが、金利自体は低い銀行のカードローンと比べても毎月の返済金額に関しては少なく抑えられています。金利が低ければ毎月の返済金額が少ない、金利が高ければ毎月の返済金額が大きいといったわけではないので、プロミスは一回あたりの返済金額で見ると優れたカードローンとなっています。

返済負担を抑えて借りるとした場合、金利が低い借り入れ先の方が最終的な利息は少なくなるので、毎月の返済金額を少なくするか最終的な支払い総額を少なくするかによって、借り入れ先の選び方も変わってきます。

プロミスの返済方法

プロミスの毎月の返済は5日、15日、25日、末日の中から選択ができるようになっており、都合に合わせた日にちを約定返済日として設定ができます。返済日に上記の借り入れ残高ごとの約定返済金額を入金しますが、返済の方法は多く用意されているために手間なく返済が行えます。

契約後に発行されるカードを使ってプロミスATMかコンビニや金融機関の提携ATMで直接入金を行う他に、手数料がかからないインターネットを利用した返済もあります。インターネット返済なら土日でも夜間でも返済が可能なため、忙しい方でも素早く返済が行えます。

また、事前の登録が必要となりますが口座振替による返済も可能です。口座にしっかりと残高があれば期日に引き落とされるため、返済のうっかり忘れがありません。その他、コンビニのマルチメディア端末を使ってレジで支払う返済や、店舗で直接返済を行うといった方法もあります。

多く用意がされているプロミスの返済方法の中でも、主となるのはカードを使う入金かインターネットでの返済です。このうち、インターネットでの返済なら手数料がかからないために無駄なコストがかかりません。

効率的に返済を進める

借り入れ残高に応じた無理のない返済金額を様々な方法で返済が行えるプロミスも、できることなら効率的な返済で完済を早めるように入金を進めておきたいものです。約定返済金額だけの入金でももちろん問題はないのですが、なるべく早くに返し終えたいのであれば積極的な返済が必要不可欠となります。

例えば、毎月の返済が4,000円の場合であっても、5,000円や10,000円の入金としておけば完済が早まります。多めに入金を行った分は借り入れ残高の返済に充てられるため、毎月の最低額の入金時と比べて遥かに早くに返済が進みます。

少しずつの返済で利用ができるのがプロミスの魅力ではありますが、最低額の返済だけでは完済までに数年間もの長い期間がかかってしまいます。それだけ借りていると利息の総額も大きくなってしまうので、なるべく早めに返し終えられるように積極的な返済を進めると良いでしょう。

毎月に返済金額を1,000円上乗せするだけでも、最終的な支払い総額には大きな差が生まれます。少しでも良いので、可能な範囲で上乗せをしての返済を行うのがポイントです。

返済が遅れそうなときは

出費が重なるなど、何らかの理由で期日までに間に合わずに返済が遅れそうなときには、早めに事前に連絡をして相談をするようにしてください。返済ができないからとそのままにしていると確認のための連絡が入ることとなり、黙って遅れてしまうのは印象も良くありません。

返済ができないならできないで、いつなら入金ができるのか、いくらなら返済が可能かを相談をしておくべきです。場合によっては利息分だけの入金でも良いとしてくれるので、相談をしておくと何らかの方法で解決ができる可能性もあります。

継続して今後の返済ができないとなると話は別ですが、一時的に出費が重なるなどで返済ができない、難しいといった場合には、早めにコールセンターに連絡をするなどして相談をするのが基本となります。

少しの返済の遅れであれば信用情報機関に事故情報が記録されることもないので、他から借りてプロミスへの返済を行うなどはしないようにしましょう。借り返すとなると翌月以降の返済が非常に大きな負担となってしまいます。

トップへ戻る